大阪市ボランティア・市民活動センター

  • 文字サイズ
  • 背景色
  • Facebook
  • Twitter

使える教材の紹介

わたしたちも地域の住民です~当事者が語る「福祉のまち」~高齢者編(テキスト・授業案・DVD)

わたしたちも地域の住民です~当事者が語る「福祉のまち」~高齢者編(テキスト・授業案・DVD)

テキスト(A4/4P)
授業案(A4/4P)
DVD(20分)

ともに生きる~まちの高齢者を知ろう~

高齢者の方々のさまざまな暮らしを映し出しています。それぞれの方の様子は違いますが、みなさん地域に住んで、地域住民としてお友達や地域の子どもたちやお店のお客さんや、いろんな人とつながりを持って暮らしています。みなさんもいろんな人とつながりはありますか?と問いかける内容になっています。

サンプル01

わたしたちの地域のいろいろな活動を知ろう!!(テキスト・授業案・DVD)

わたしたちの地域のいろいろな活動を知ろう!!(テキスト・授業案・DVD)

テキスト(A4/4P)
授業案(A4/4P)
DVD(20分)

地域ってなんだろう?

私たちが暮らしている町の中には「みんなが安全で暮らしやすい町にしていこう」という思いや、活動があります。その中のいくつかの地域の住民が取り組んでいる様々な活動が取り上げられています。通学時の見守り活動・防災訓練・子育て支援活動・夜警・住民参加のおまつりなど。これらの活動を通じて、参加している人の思いに耳を傾け、自身の身近な地域で同じように行われている活動を探して知る。と言った地域のフィールドワークに繋がる内容になっています。

サンプル01

子ども・保護者・先生で考える“ふくしのはなし”(リーフレット)

子ども・保護者・先生で考える“ふくしのはなし”(リーフレット)

リーフレット(A4/64P)
・本編
・ツール
・資料集

「命」に向き合い、ともに考えよう

「本編」は見開き構成で左ページに問いかけ右ページに考えるヒントがあります。「ツール」は実際の場面視覚・聴覚障がい者とのコミニュケーションツールと車いす介助・手引き例がイラスト付きでわかりやすく掲載されています。「資料集」は”何故福祉教育が必要なのか””今注目されている発達障がいから障がいを考える””様々なキーワード”が本編と関連づけられるように構成されています。

サンプル01

サンプル01

ちょっとした工夫で楽しい福祉教育
『遊び』を取り入れた福祉体験プログラム集(プログラム)

ちょっとした工夫で楽しい福祉教育『遊び』を取り入れた福祉体験プログラム集(プログラム)

プログラム集
・プログラム(A4/24P)
・巻末資料(A4/29P)

「一緒」を考える

車椅子体験などが中心であった福祉教育に「遊び」の要素を加え、子どもが主体的に参加できる福祉体験を提案させて頂いています。
ここでの福祉体験では、「遊び」の要素を取り入れることにより子どもの主体性を引き出し、どんな障害があっても、「一緒に遊ぶこと」「一緒に活動すること」ができる工夫を、一緒に考えることを目的にしています。

サンプル01

サンプル02

サンプル03

1 2
ページトップヘ