大阪市ボランティア・市民活動センター

  • 文字サイズ
  • 背景色
  • Facebook
  • Twitter

助成金情報

助成金情報

ボランティア・市民活動団体による社会公益につながる活動を支援するための助成金の情報です。詳細は各助成団体へお問い合わせください。

大阪市ボランティア活動振興基金についてはこちら

※助成金の申請にかかる推薦についてのお願い

各種助成金の申請にあたり、社会福祉協議会の推薦等が必要な場合があります。推薦依頼をされる場合は、助成金申請締め切りの3週間前までにご連絡のうえ、ご相談ください。

現在募集中

助成制度名 こども食堂等に学習機能を付与するための助成事業 2020年度公募
実施団体 一般社団法人中辻創智社
詳細URL https://nakatsuji-ff.org/offering/kodomo/
法人格の有無 問わない
内容 貧困や家庭環境など様々な原因で困難な状況にある子ども達を支援するために、近年、篤志家をはじめ多くの方々のご尽力により各地に「子ども食堂」や「子どもの居場所」が設置運営されています。また、これらに対する地方自治体等による助成も行われています。
このような場に集う子ども達のなかには、幼い頃からの学習環境不足により基本的学力が不十分なために教育の機会すら失ってしまっている子ども達、学校の学習から取り残され自尊心を持てない子ども達、夢や希望を持てない子ども達も含まれ、世代を超えた貧困の固定化の一因にもなっています。
子ども達の教育機会を確保し、学校教育から取り残されない学習環境を整える事は、子ども達が自分自身の将来を諦めてしまわないために重要であり、「子ども食堂」や「子どもの居場所」に学習支援機能を付与する意義は大きいと考えます。また、学習指導員として大学生や大学院生などの若い世代を雇用する事で若者を経済的に支援するとともに、困難な状況にある子ども達とふれあった経験を持つ若者を増やし、そのような経験を持った若者が社会で活躍する事で、中長期的に子ども達を支える社会の手が広がっていく事を願っています。
締切 2019年12月06日(金)
更新日:2019年10月16日
助成制度名 手のひらパートナープログラム第8期 助成団体募集
実施団体 田辺三菱製薬株式会社
詳細URL https://www.philanthropy.or.jp/tenohira/08/
法人格の有無 問わない
内容 助成対象活動
2020年4月1日から2021年3月31日までに行われる、難病患者さんの療養・就学・就労等、生活の質(QOL)向上のための活動
・患者さん、ご家族、支援者の共通課題解決にむけた活動
・団体の所属会員の社会参加を支援する、または啓発する活動
・社会への啓発活動や交流など、社会とのかかわり合いを進める活動
・団体の自立や役員・リーダー・相談員の支援や育成が期待できる活動
・その他「田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム選考委員会」が認めた活動

助成対象団体
難病患者団体および難病患者支援団体
・日本国内に主たる拠点を有する団体であること。法人格の有無は問いません。
・2019年4月1日現在で、1年以上の活動実績を有する(前年度の決算報告が提出できる)こと。
・ここでいう難病とは「難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第1項」において2019年7月1日までに「指定難病」と告示された333疾患を指します。
・今期より「役員に医師が就任している団体」もご応募いただけます。

締切 2019年11月15日(金)
更新日:2019年10月15日
助成制度名 学生を対象とする次世代リーダーの育成活動に対する助成事業
実施団体 公益財団法人 電通育英会
詳細URL https://www.dentsu-ikueikai.or.jp/
法人格の有無 問わない
内容 当財団では、大きく進化する社会に対応できる有用な人材育成を、さらに一歩進めるための事業として、2012年度より、大学生を中心に大学院生・高校生までを対象とした人材育成に取組んでいる大学学内組織やNPO法人の活動(※)に対する助成事業を行っており、学生を中心に社会に貢献する次世代の人材育成を側面から支援しています。
※キャリア形成支援、インターンシップ、ボランティア活動など
締切 2019年12月04日(水)
更新日:2019年10月15日
助成制度名 2020年度助成(地域文化の振興)
実施団体 公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
詳細URL http://www.mut-tiikibunkazaidan.or.jp/
法人格の有無 問わない
内容 永年地域文化の振興に寄与してこられた団体、とりわけ地域の「音楽」「美術」「演劇」「伝統芸能」の各分野において努力されている諸団体の活動に対して助成支援を行うことを事業としており、設立以来、全国の数多くの団体の皆様に助成を行ってきております。
締切 2019年11月30日(土)
更新日:2019年10月15日
助成制度名 JR 西日本あんしん社会財団 2020年度公募助成
実施団体 公共財団法人 JR 西日本あんしん社会財団
詳細URL https://www.jrw-relief-f.or.jp/
法人格の有無 問わない
内容 事故、災害や不測の事態に対する備えに関する活動及び研究(自主防災訓練、心肺蘇生法普及活動等)又は事故、災害や不測の事態が起こった後の心のケア(グリーフケア等)や身体的ケア(リハビリテーション等)などに関する活動及び研究に対して、公募により広く支援を行っています。
締切 2019年11月14日(木)
更新日:2019年10月09日
助成制度名 愛恵福祉支援財団 2019(令和1)年度助成金
実施団体 公財)愛恵福祉支援財団
詳細URL http://www.aikei-fukushi.org/?p=1405
法人格の有無 問わない
内容 毎年、社会福祉法人、NPO法人等が実施している事業のうち、比較的小規模な施設、または障害者支援等に財政的な裏付けの少ない先駆的な試みや開拓的な事業に対して財政的な助成をして支援します。
締切 2019年11月15日(金)
更新日:2019年10月09日
助成制度名 第 46 回「園芸振興松島財団 研究助成」
実施団体 公益財団法人 園芸振興松島財団
詳細URL http://www.matsushima-foundation.or.jp/josei/josei.html
法人格の有無 問わない
内容 1)青果物〈花きを除く〉の生産、流通および消費に関する研究活動で、2021年9月末日までに研究成果が期待されるものとする。その成果がわが国における生産、流通および消費の現場において、近い将来、利用され得るものとする。

2)助成は1)の研究活動に従事する個人またはグループとし、原則として1回に限る。また、同一個人あるいはグループの同一年度における応募は1件に限られる。

3)1)の活動を遂行するための費用の全部または一部を助成する。ただし、主たる従事者に対する報酬はその中に含まれないものとする。アルバイト費用などはその限りでない。

4)同一活動に対する研究助成は原則として単年度限りとする。
締切 2019年10月31日(木)
更新日:2019年10月09日
助成制度名 2020年度 防災教育チャレンジプラン募集要項
実施団体 独立行政法人 国立青少年教育振興機構
詳細URL http://www.bosai-study.net/top.html
法人格の有無 問わない
内容 防災教育チャレンジプランでは、全国で取り組まれつつある防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ共通の資産をつくることを目的に、新しいチャレンジをサポートいたします。そのプランの準備・実践に当たって発生する経費を支援し、実現に向けて防災教育チャレンジプランアドバイザーが出向くなどして相談などの支援を行います。
応募の中から選ばれたプランは、活動計画について前年度の活動報告会で発表、さらに実践した内容について、交流フォーラム(中間報告会)と活動報告会で発表していただきます。
活動報告会においては、優秀な実践活動に対して防災教育大賞・防災教育優秀賞・防災教育特別賞を授与いたします。
また、皆さんのチャレンジプランの成果はホームページなどで広く公開いたします。
締切 2019年11月29日(金)
更新日:2019年10月03日
助成制度名 令和2年度子どもゆめ基金 “ 体験活動・読書活動 ”
実施団体 (独法)国立青少年教育振興機構
詳細URL https://yumekikin.niye.go.jp/index.html
法人格の有無 問わない
内容 子どもの健全な育成を図ることを目的に、令和2年4月1日以降に開始し、令和3年3月31日までに終了する、次の(1)(2)の活動に対する助成を行います。

活動例 :
・ キャンプや自然観察などの自然体験活動
・ 科学実験教室などの科学体験活動
・ 高齢者介護体験などの社会奉仕体験活動
・ 農業・漁業などの地場産業の体験や商業体験
・ 異世代・異文化・地域間等の交流を目的とした、スポーツ・文化・芸術活動 など

子どもの読書活動 :
 ・ 読み聞かせ会、読書会活動 など
締切 2019年11月12日(火)
更新日:2019年10月01日
助成制度名 第14期生(2020年度) スポーツチャレンジ助成
実施団体 公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団
詳細URL https://www.ymfs.jp/project/assist/14th/
法人格の有無 問わない
内容 体験分野
世界にはばたく逞しい人材育成を目的に、アスリート、指導者、審判、スポーツジャーナリストなど、スポーツに関連する幅広い分野から、我が国のスポーツの普及・振興や競技水準向上につながる、高い志、明確な目的・目標、そして具体的なプロセスを持ち、チャレンジスピリット、フロンティアスピリットあふれる方を募集しています。

研究分野
世界にはばたく逞しい人材育成を目的に、スポーツ医・科学、スポーツ文化など、スポーツに関連する幅広い学問分野から、我が国のスポーツの普及・振興や競技水準向上につながる、自然科学・人文社会における学術的価値の高い学問・研究を目指す方を募集しています。
締切 2019年10月31日(木)
更新日:2019年10月01日
助成制度名 第 30 回「コメリ緑資金 助成」
実施団体 公益財団法人コメリ緑育成財団
詳細URL http://www.komeri-midori.org/koubo/guide.html
法人格の有無 問う
内容 2020年4月1日~2021年3月31日に実施する
① 緑化植栽活動
花や緑にあふれるふるさとづくりを目的とした、道路沿いや公園隣地などで行う「花いっぱい運動」など、地域住民が自ら行う植栽活動

② 自然環境保全活動
緑豊かなふるさとづくりを目的とした、山林や河川敷、里地里山などで行う自然環境の保護保全活動や整備、植樹活動
締切 2019年10月31日(木)
更新日:2019年09月24日
助成制度名 アートによる地域振興助成
実施団体 公益財団法人福武財団
詳細URL https://fukutake-foundation.jp/subsidy/art_index
法人格の有無 問わない
内容 現代アートのもつメッセージ性を軸としながら、地域住民や行政と協働して、その土地の独自性を生かした地域文化の振興に資する事業を助成対象とします。
締切 2019年10月31日(木)
更新日:2019年09月20日
助成制度名 非営利団体向けクリエイティブ制作助成プログラム「SOCIALSHIP」
実施団体 リタワークス株式会社
詳細URL https://ritaworks.jp/news/20190819.html
法人格の有無 問わない
内容 “利他の心” で提供するクリエイティブ制作助成
NPO・NGO・ソーシャルビジネスなどの非営利活動に Web サイトや動画、寄付チラシなどを制作し、団体の広報活動をサポートする OSAKA 発の “クリエイティブ” 制作助成プログラム

SOCIALSHIP (ソーシャルシップ) は、非営利団体にクリエイティブ制作を助成し、団体の広報活動をサポートするプログラムです。「自分たちのスキル・アイデア・時間を使って社会に貢献する」という大阪の WEB 制作会社の想いから、 2016年 にホームページ助成プログラムとしてスタート。助成元として参加する仲間も年々増え続け、動画や寄付チラシなど助成プログラムの幅が広がっています。
締切 2019年10月31日(木)
更新日:2019年09月17日
助成制度名 令和2年度「キリン・福祉のちから開拓事業」公募助成
実施団体 公益財団法人 キリン福祉財団
詳細URL https://www.kirinholdings.co.jp/foundation/subsidy/r2/fukushi.html
法人格の有無 問う
内容 長期的な視点で全国や広域にまたがる社会的な課題の解決に取り組むボランティアを応援します。
なお、本公募は全国や広域にまたがる取り組みが対象となります。地域内での活動は、「キリン・地域のちから応援事業」にてお申込下さい(申込受付期間は同一)。

【助成対象となる事業】
障害者福祉分野、高齢者福祉分野、児童・青少年健全育成分野、地域社会福祉分野のボランティア活動を、長期的な視点に立って全国や広域にまたがり実施している、または活動しようと考えている次のような団体に対して助成します。
※ここでの「ボランティア活動」は、自発的・自主的・利他的に行われる無償の活動を指します。 (1)障害者の福祉向上に関わるもの
(2)高齢者の福祉向上に関わるもの
(3)児童・青少年の福祉向上に関わるもの
(4)地域社会の福祉向上に関わるもの
上記の、社会課題・問題を直接解決するための取り組み、啓発活動、政策提言やアドボカシー、ネットワークの構築・拡大、組織強化、人材の育成、技術や技法の研究、実践のための調査や研究、モデル化、生活環境をより良いものにするための保全・保護活動、等が対象です。
締切 2019年10月31日(木)
更新日:2019年09月10日
助成制度名 令和2年度「キリン・地域のちから応援事業」公募助成
実施団体 公益財団法人 キリン福祉財団
詳細URL https://www.kirinholdings.co.jp/foundation/subsidy/r2/index.html
法人格の有無 問わない
内容 地域に根づく小さな福祉活動として、地域やコミュニティを元気にするさまざまなボランティア活動を応援します。

【助成対象となる事業】
障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、共に理解し合い・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、高齢者、子ども等の福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成します。なお、災害の復興応援および防災に関しても広く募集します。
※ここでの「ボランティア活動」は、自発的・自主的・利他的に行われる無償の活動を指します。
(1)子ども・子育て世代の福祉向上に関わるもの
 子ども・子育て世代が主体となって実施する活動
 地域やコミュニティの子ども・子育て世代を元気にする活動を応援します。
(2)シルバー世代の福祉向上に関わるもの
 高齢者が知識・技術・経験を活かして実施する活動
 地域やコミュニティの高齢者を元気にする活動を応援します。
(3)障害や困りごとのある人・支える人の福祉向上に関わるもの
 障害のある人や困りごとを抱える人・それらを支える人(病気や困りごとを抱える人の介護者や応援者も含みます)が主体となって実施する活動
 地域やコミュニティの障害のある人や困りごとを抱える人・支える人を元気にする活動を応援します。
(4)地域やコミュニティの活性化に関わるもの
 既存の自治活動やお祭りから一歩進んだまちづくり、新たな繋がりを創りだし地域やコミュニティを元気にする活動、共生社会を創る活動、災害復興等の活動を応援します。

【事業区分】 具体的な事業区分の例は次の通りです。
 居場所づくり(広場・サロン・サークル・作業場・食堂等)、施設・居住訪問、講演会・講習会の開催、交流(世代、グループ)、ネットワークづくり、カウンセリング、読書・絵本・読み聞かせ、芸術・文化振興(音楽・演劇・絵画・手芸等)、社会・自然・農業体験、スポーツ・健康、地域での遊び、芸能伝承、非行・いじめ・不登校、虐待防止、社会的養護、学習支援、介護、配食、送迎、防犯、見守り、社会的弱者の当事者及び支援活動(障害児・者、外国を背景に持つ子どもや人、生活困窮、社会的マイノリティ等)、まちづくり、環境整備、地域活性化、災害復興、防災、その他。
締切 2019年10月31日(木)
更新日:2019年09月10日
助成制度名 今年も年賀寄附金の助成事業募集が始まりました。
実施団体 日本郵便株式会社 総務部内 年賀寄附金事務局
詳細URL https://www.post.japanpost.jp/kifu/
法人格の有無 問わない
内容 申請可能事業は、お年玉付郵便葉書等に関する法律に規定された10の事業のいずれかに該当し、かつ、申請法人の定款または寄付行為に基づいて行う事業とします。
また、日本国内で実施される事業を対象とし、海外で実施される事業は除きます。
なお、海外活動を行う団体が国内で行う啓発事業などは、国内で行われる事業として対象とします。
締切 2019年11月08日(金)
更新日:2019年09月10日
助成制度名 楽天 未来のつばさ プロジェクト支援(団体向け支援事業)
実施団体 公益財団法人 楽天 未来のつばさ
詳細URL https://mirainotsubasa.or.jp/institution/outline/
法人格の有無 問わない
内容 1.支援対象プロジェクト
•児童養護関連プロジェクトで、そのテーマや内容が子どもの権利擁護、子どもの最善の利益に資するものであること。
•児童養護関連プロジェクトに於いて、そのプロジェクトの計画性及び方法が目的を達成するために適切で、かつ支援によりプロジェクトの効果が十分発揮できると認められたものであること。
•当該支援プロジェクトは、営利を目的としないものであること。

2.申請条件
支援を受けようとする団体は、日本国内における児童養護関連団体で事業計画に従って遂行に足る能力を有する団体であり、また、それを過去の実績等で証明できること。申請は1団体、1プロジェクトとする。また原則2年連続の助成は行わない。
締切 2019年10月31日(木)
更新日:2019年09月02日
ページトップヘ